和歌山の雨漏り修理はお任せください!

施工エリアは、和歌山市、海南市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、紀の川市、岩出市、紀美野町、かつらぎ町、九度山町、高野町、湯浅町、広川町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、印南町、みなべ町、日高川町、白浜町、上富田町、すさみ町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町、を含む和歌山県全地域、どこでも駆けつけます!

こんばんは。

屋根雨漏りのお医者さん、山下です。


 
この屋根は築45年ほどたっています。

お客様の依頼により「屋根から雨漏りしている」ということで調査してみましたところ、
写真の瓦と銅板の取り合いで重なっているところが穴あいていました。

これは今の酸性雨が原因で、化学反応を起こし銅板に悪影響を与えています。

昔は銅板自身は酸性雨のない時期で、寿命も大変良かったのですが
45年経っていて酸性雨でやられていなければまだまだ持ったのですが、
穴があいているので屋根を貼り替えることになりました。


元々、銅板というのは神社やお寺という社寺仏閣に専門に貼られたものです。

それが寿命が一番長いということで銅版を貼っていました。


なぜ軒先だけ銅版を貼るのかというと、屋根自身が軒先まで降りていくと
軒先が下がってきます。

瓦も昔のことですから勾配がほしい、勾配があっても屋根の高さがほしい、
色々とあって銅板で屋根の角度を変えて屋根の高さを保つという理由で
銅版は寿命があり瓦と銅板のデザインの風格なども流行っていたこともあり、
お金持ちが良く作っていた屋根です。


この銅板は寿命なので、今度はステンレスの合板で屋根を貼り替えました。

屋根の瓦もズレが生じていたので、ドリルで穴をあけて補強ビスで止めました。

この写真がステンレスでやった立平の屋根です。

この白っぽいところは瓦をドリルで空けた際の粉なのですが、
これはきちんと後で掃除しました。

補強とステンレスの屋根で新しくした物件でした。


瓦の方は築40年ということでしたが、土と瓦のズレがない限りは大丈夫です。

どうしても長年、風雨があたりますし地震などで瓦がズレたりしますので
我々は突き上げ工法でラバー工事というシーリングで瓦止めをしたりということもします。




雨漏りのことらな雨漏りの専門家にご相談ください。

親切・丁寧に対応いたします。

blog-banner

************************************
その雨漏り、火災保険が使えるかもしれません。リフォームローンも使えます。
雨漏り修理、屋根修理でお悩みの方、山下までお気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん 山下 喜一

フリーダイヤル 0120-994-119
メール yamashita-b@yane-amamori-doctor.com
和歌山の雨漏り修理 URL http://yane-amamori-doctor.com/wakayama/
************************************

屋根雨漏りのお医者さん、山下です。

今日はちょっと自己紹介を兼ねてインタビューでお送りします。


 
-これまでに屋根に上って困ったことや怖かったことはありますか?-

怖かったことは、ちょうど冬の最中に雪が降るじゃないですか?

お寺の屋根で、最初に雪かきをして屋根工事をするのですが、
屋根工事をしている最中に雪が降ってくるんです。

それがまた雪が降ると滑りますでしょ?

怖いというかよく滑るので注意しながら作業した経験があります。


-これまでで一番苦労した雨漏り修理はありますか?-

他の業者さんが、屋根の雨漏りをしていてそれが何層にも重ね合わせていました。


-どんなものを重ね合わせていた?-

普通の鉄板の屋根から雨漏りがしているのに、普通はめくって雨漏りを直したりするのですが
それをめくらずにその部分だけをコーキングという材料で圧着して鉄板をつなぎ合わせて
後で時間が経ってから雨漏りがしているという困った家がありました。

私がやったのではないですよ。


-話は変わって、苦手なものはありますか?-

苦手なものは、蛇なんです。

にょろにょろ蛇が嫌いです。

ある時に雨樋の修理をしていて、その樋を新しい樋に変える時
ちょうどその蛇が樋の中にいたんです。

私はそれを知らずに、樋を交換する際にのノコギリで切るのですが、
何気なく切っていたら赤いものが出てきました。

「何かな?自分の血か!」と思ってビックリしたんですが
自分は怪我していなくて「おかしいな?」と思ったら、
蛇が二つになって切れていました。

それでびっくりしてしまって、すぐに足場から降りて逃げ回りました。


-それは怖かったですね。-

蛇は一番大嫌いです。


-お客様からよく言われること、感想や誰かに似ているなどはありますか?-

見た目より優しい人ですね、と言われます。

職人はどうしても幅を利かせて難しい顔をしてムッツリしていたり、
僕も口下手ですけどしゃべるのも苦手ですが、
「お話ししてみると優しい人だったんですね」と言われます。


-それは嬉しいですね。-

あとは仕事終わった後に「ご苦労様でした」と言われるのが最高ですね。


-仕事をしているうえで一番うれしいことですよね?-

そうですね。そういわれると、人生で最高の気分になりますね。

やりがいのある仕事に就けてよかったな、とつくづく思います。


-プライベートで嬉しかったことなどはありますか?-

そうですね。遊びでもいいですか?

今最近ですが、釣りで初めてタイを釣りました。

鮒釣りに誘われまして、鮒釣りはやったことがなかったのですが
顔が黒いのでよく漁師さんと間違われたりはしますが、
桜鯛というタイを釣ったときが、嬉しかったです。

また次も行きたくなります。

タイは釣れると気持ちいいですね。綺麗ですしね。


-雨漏り修理で他の業者さんが苦労しているだろうと思うことはありますか?-

他の業者さんの後に、僕が点検しに行ったのですが、
他の業者さんが工事をした場所の検査をしに行きました。

その業者さんが修理した工事の検査をしたのですが、お客様が
「まだ雨漏りしているのでもう一度見てほしい」とのことで依頼がありました。

そのような工事の依頼があり、無償で行きました。

見た限り、これは本当に雨漏りの専門家がした修理なのかな?
と思われるところが色々とありました。

あまり他の業者さんを悪く言いたくないのですが、僕自身何とか
「これとこれが悪いのではないか?」ということで直させていただきました。


-山下さんのところでは点検も行いますか?-

それはもうもちろん、得意中の得意です。

経験と実績をかねた自分の確かな目で見させていただきます。


-最後に、恥ずかしかった失敗談があれば教えてください。-

僕は、よく下着や服をすごく裏表逆に着るんです。

選択したら裏返して干すじゃないですか?

干したら元に戻さずにそのまま履いてしまうんです。

これがまた「これは表かな?裏かな?」と僕自身分からないのですが
そのまま履いてしまうんですね。

人が見たら「お前反対に着てる」ぞと言われるんですけどね。

慌て者のなので。


-今日は反対じゃないですね。-

今日は真面目に奥さんがちゃんと着させてもらって、検査してもらいました。


-ありがとうございました。-






blog-banner

************************************
その雨漏り、火災保険が使えるかもしれません。リフォームローンも使えます。
雨漏り修理、屋根修理でお悩みの方、山下までお気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん 山下 喜一

フリーダイヤル 0120-994-119
メール yamashita-b@yane-amamori-doctor.com
和歌山の雨漏り修理 URL http://yane-amamori-doctor.com/wakayama/
************************************

こんばんは。

屋根雨漏りのお医者さん、和歌山県の山下です。

本日もインタビュー形式でお届けします。


 
-趣味は何ですか?-

多趣味です!釣りとゴルフですね。


-釣りはどんな釣りですか?-

タイ釣りです。
 

-タイというとどの辺ですか?-

和歌山で言うと加太(かだ)という港があるのですが、その加太漁港から
船を出してもらいます。

そこの釣り方はユニークで餌を付けません!

ビニールなんです。

5㎝~7㎝のビニールを釣り餌、疑似餌にしてタイを釣っちゃうんです。

それがすごく面白いんです。


-結構釣れるものなんですか?-

いえいえ、1日に1枚釣れたら最高です。

たまに上手に当たると4・5枚くらいは釣れるかなと思いますが、
1日1枚釣れれば最高の日ですね。


-一番釣れて大きかったのは何㎝でしたか?-

加太でですか?

一番大きなもので最高65㎝のものを釣りました。


-ゴルフの方はどのくらい?-

遊び程度です。月2回程度、本当にもう健康のためにやっています。


よく行くゴルフ場はありますか?-

紀の国カントリーです。

他のグリーンは全てベントグリーンで優しいんです。

紀の国カントリーのグリーンというのは高麗グリーンで昔ながらのグリーンなので
すごい切れたり重たかったり速かったりすごく楽しいんです。

そのグリーンが気に入ってしまって、紀の国に行ってます。




雨漏りは放置すると酷くなります。

酷くなる前にご相談ください!

blog-banner

************************************
その雨漏り、火災保険が使えるかもしれません。リフォームローンも使えます。
雨漏り修理、屋根修理でお悩みの方、山下までお気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん 山下 喜一

フリーダイヤル 0120-994-119
メール yamashita-b@yane-amamori-doctor.com
和歌山の雨漏り修理 URL http://yane-amamori-doctor.com/wakayama/
************************************

こんばんは。

屋根雨漏りのお医者さん、山下です。

いまさらですが、私かご挨拶させていただきたいと思います。


初めまして。

山下喜一と申します。

雨漏りって本当に悩みの種ですよね。

雨が降るたびに精神的に負担がかかって気分が損なわれるかなと思います。

雨漏りというのは人間の体と同じで、早期発見・早期治療が
一番早く直せて安く上がると思います。

一般の方は大工さんや建築屋さんに雨漏りの修理を頼むと思いますが、
どうしても専門家ではないですから何回修理してやっても
一生懸命直してくれても直らないことがあります。

そんな時は私ども雨漏り修理の専門家に連絡が来まして修理することもあります。

雨漏りのことなら、ぜひ私にお任せください。

ご相談・お見積もりはもちろん無料でございます。

今すぐお電話ください。







blog-banner

************************************
その雨漏り、火災保険が使えるかもしれません。リフォームローンも使えます。
雨漏り修理、屋根修理でお悩みの方、山下までお気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん 山下 喜一

フリーダイヤル 0120-994-119
メール yamashita-b@yane-amamori-doctor.com
和歌山の雨漏り修理 URL http://yane-amamori-doctor.com/wakayama/
************************************
 

屋根雨漏りのお医者さん、山下です。

本日は雨漏り修理の事例をご紹介します。


 
この物件は築40年経っています。

お客様から「雨漏りを見てほしい」ということで
天井裏を拝見させていただきました。

天井裏を上ってみてみると、写真のような雨漏りの染みが至る所にありました。


これもほんの一部の写真ですが、雨垂れが結構あって
上の天井から雨漏りがしていていうということです。

そしてとりあえず屋根を調査してみました。

調査してみたところ、写真の部分が「中樋」といいまして、
両方の屋根から水を集める樋になります。

この樋は雨が溜まっている状態でしたので、大雨になると軒先から
オーバーフローによって雨が入り込んでいるかなと思われました。

右側の日本瓦ですが、日本瓦は15年~20年前に貼り替えたということで
築40年経っているのですが、この鉄板の立平の「瓦棒」といいますが
こちらはやり替えていません。


一番ひ酷いのは、写真にラインがありますが長年の経過で屋根自体が凹んでいます。

長年耐えてずっと押し込まれていたのかなと思います。

そのために雨水がたまっていました。

この屋根は寿命なので、貼り替えることにしました。


貼り替えるにあたって屋根をめくってみたところ、やはり木下地
木の下地が40年以上経っている物件でしたので、
下地を上から貼り付けまして樋の高さよりも高くしました。


これが鉄板で仕上げた立平葺きの写真です。

写真ではわかりにくいですが、中樋・谷樋の部分の高くして
雨がたくさん流れるように工夫しました。


元々の40年ほど前の木の壁の写真ですが、こちらからも雨が入る状態でしたので
一応新しく木の下地を新設しまして、2重に鉄板の壁を貼り付けました。


この家の雨漏りは壁から入ってくる雨と、屋根の樋から溢れている雨が原因でした。

どうしても40年経っていて屋根の木の下地が下がってして、
その状態で樋の流れが悪くなっていました。

古くなっていたから、樋が用をなさなくなっていたということです。

これを少しでもならないようにするためには、ちょこちょこ掃除したり
点検していただければよかったかなと思いますが、雨が溜まっていると
どうしても木に染み込んでしまうのでゆくゆくは天井に雨漏りしてしまったと思います。







blog-banner

************************************
その雨漏り、火災保険が使えるかもしれません。リフォームローンも使えます。
雨漏り修理、屋根修理でお悩みの方、山下までお気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん 山下 喜一

フリーダイヤル 0120-994-119
メール yamashita-b@yane-amamori-doctor.com
和歌山の雨漏り修理 URL http://yane-amamori-doctor.com/wakayama/
************************************

このページのトップヘ