こんばんは。

屋根雨漏りのお医者さん、山下です。

今までの趣里事例、ご参考になりましたか?

今日も修理事例のご紹介をします。


この屋根は築28年経っている平瓦です。

お客様からの連絡で「屋根を見てほしい」とのことで屋根に上って調査しました。

調査したところ、この写真のように全体の色がくすんでいて、
黒い部分は雨が溜まっている証拠です。

近くで見てみると、屋根の一番上の塞ぎも錆びています。


流れに沿ってみzが流れるのですが、屋根の角度が緩いので
どうしても雨が溜まっているような状態になっています。

もっと近くで見ると、この写真では雨がほとんど残っている状態と、
奥の黄色い部分はコケが生えています。

このコケによって雨の流れを屋根が緩いために遮られてしまっています。


部屋の天井の写真を見ると、黒い染みがあります。

この染みが屋根から漏れているところです。

どうしても酷いところだったので、お客様が胎児な家具などをタオルで覆って
応急的に防いでいました。


いま横に貼っている屋根を、近奥の鉄板で立平葺きという縦に流れる工法で
お見積もりをし施工している状態です。

下地はルーフィングを平板瓦の上に直接貼って、
その上にある白いものが断熱材でこれは雨の音を遮るためのものです。

そして立平葺きをしましたが、完成した写真がこちらです。




雨漏りは酷くなってからでは修理費用も高くなります。

そうなる前に、ご相談ください。

山下がすぐに駆けつけます!

blog-banner

************************************
その雨漏り、火災保険が使えるかもしれません。リフォームローンも使えます。
雨漏り修理、屋根修理でお悩みの方、山下までお気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん 山下 喜一

フリーダイヤル 0120-994-119
メール yamashita-b@yane-amamori-doctor.com
和歌山の雨漏り修理 URL http://yane-amamori-doctor.com/wakayama/
************************************